GDM初級セミナー盛況でした!

6月29日(土)に、GDM英語教授法研究会西日本支部の初級セミナーがありました。

今回は九州や名古屋からご参加くださった方や、昔GDMで英語を習った方など、初めて参加くださった方々を迎えて、充実した時を過ごしました。

初めて参加してくださったお一人の英語教師が、「昨年、同僚として働いていた英語教師が、GDMで英語を教わったという人でした。中学の英語授業についてその人が、『これをGDMで教えたら良くわかるのに。私は中学・高校でGDMの英語授業があって、とてもよくわかった。学校ではみんな、GDMの授業を楽しみにしていた』と話してくれた。GDMってどんなものかと思いました。今日、GDMのレッスンを見て、自分の受けてきた英語の授業とあまりに違うのでびっくりしました。自分もGDMで教えられたら良いなあ!と思っています」と話してくれました。

「昔、そういえばスティックフィギュアの絵を使った授業をしてくれた先生がいました」と、懐かしそうに話してくれた参加者もおられました。

「GDMの授業では、先生に注目していないとわからなくなりますね。そういう授業、いいですね!」と言ってくださったかたもおられました。そうです!GDMで教えるクラスでは、生徒はみんな先生や授業の流れに集中しています。みんな、一生懸命に考えています。そして、その結果、授業の終わりにはみな、それなりに「今日のポイント」を理解できている(てきつつある)のです。

初めて参加された方がたのお一人お一人が、GDMのレッスンをよく評価してくださり、小学校や中学でGDMの教え方が広まることを願ってくださいました。そのためには、GDMで教える教師ももっと数が増えてほしいし、我々教師自身も自己研修を積まねばならないと思わされました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック