GDM英語教師への道 体験談 1

 GDMで英語を習った大人が、「これなら英語が使えるようになる!」と確信して、、今はGDMで英語を教えておられます。体験談 1です。 (これは、以前「小学校英語教育ブログ」に掲載されたものを、承諾を得て再度掲載するものです。一人でも多くの方々に読んで頂きたいと思います。)


 
 自分が先生になることなんて絶対にない!と思っていたので、私は教員免許すら持っていません。大学の英文学科を卒業したものの、実態は「話せない・聞けない・読めない・書けない」というありさま。GDMに出会うまでは一児の母、専業主婦でした。「得意なようで得意じゃない」という英語コンプレックスを常に持っていました。

 そんなある日、近所の公民館でやっていた此枝さん(昔は此枝先生とお呼びしていましたが)の『自分で使える英語』という講座を受けました。「ぜひこの方法(GDM)で英語を習いたい!」と思いました。幸運なことに私はGDMで英語を1年あまり習うことができ、そのあいだに「こんなにいい方法をもっといろんな人に知ってもらいたい。私が教師になろう」と思ったのでした。そして、此枝さんによる梅花女子大学短期大学部でのGDM英語教授法を学ぶ授業を半年間受け、その年の御殿場サマーセミナー3泊4日に初参加し、GDM英語教授法研究会の会員になり、、、。

 GDMに出会って約10年、会員になってからは7年、その間いろんなことがあり、道のりは決して平たんではありませんでした。でも今は、コンスタントに教える機会にも恵まれ、子どもたちや大人の生徒さんに喜んでもらっています。この確かな教授法によって、一人でもたくさんの方に英語を学ぶおもしろさを知ってもらいたいと思っています。



 GDMの教師になるのに、一番確実で力をつけられるのは、「御殿場サマーセミナー」です。2011年から開催地が代わり、東京都渋谷区代々木にある国立オリンピック記念青少年総合センターになりました。8月中旬の2泊3日のプログラムです。詳細は6月ごろにGDM英語教授法研究会のHP

   http://www.gdm-japan.net/

またはこのブログでご案内します。何はともあれ、ぜひ参加されることをお奨めしたいセミナーです。

「自分で使えるようになる英語」は、梅花学園 生涯学習センターの講座です。詳細は、梅花女子大学のホームページから、または、TEL: 072-643-6297 へ。初心者からGDMで英語が学べます。クラスの案内は

   http://manabiya.baika.ac.jp/lifelong/index.php/page/genre/group/6        です。

梅花女子大学 短期大学部のGDM英語教授法を学ぶ授業「GDM指導演習」は、2013年度も4~7月に開かれます。科目等履修生として受講が可能です。ただし、女性のみ可です。 これは短大2年生の授業で、短大生と一緒に学ぶことになります。詳しくは、短期大学部教務 TEL: 072-643-6221(代)にお問い合わせください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ トート

    Excerpt: GDM英語教師への道 体験談 1 日本語なしで英語を教えよう!/ウェブリブログ Weblog: プラダ トート racked: 2013-07-07 03:21
  • プラダ アウトレット

    Excerpt: GDM英語教師への道 体験談 1 日本語なしで英語を教えよう!/ウェブリブログ Weblog: プラダ アウトレット racked: 2013-07-07 21:48