GDMのレッスンは旅慣れた旅行者!

 この本、どこかで見たことがありますか?1945年の初版から、30年以上の歴史があります。
世界中で何百万人もの人がこの本を手にしています。GDMのレッスンで使う本です。
画像


 GDMの先生は、この本の内容を日本語を介さず英語だけで教えます(=Direct/ 直接的、日本語なし)。日本語がなくても、英語だけのレッスンの内容がちゃんと理解できるように、レッスンは手足・体を動かしたり実際にやってみたりするなど、いろいろな工夫がされています。英語の音と、それが表わすものの間に日本語が入らないので、すっと理解できます。そして、英語の発想が自然に身につきます。そして、毎回のレッスンが楽しいのです!

 限られた数の基本的な英語表現を使う練習をたっぷりとするので、ほとんどのことが英語で言い表せるようになります。また、レッスンで扱われる英語表現は理解しやすいものから順に、学習に効果的なように段階的に組まれていますから(=Graded/段階的)無理なく学んでゆくことができます。

このような教え方(Method) は、Graded Direct Methodの頭文字をとって、GDM と呼ばれています。

入門期にたくさんの細かい英語表現を学ぼうとすると暗記ばかりの勉強になってしまいます。GDMの授業では「暗記」は全く必要ありません。GDMでは、広く使える英語表現だけを数を限って扱います。少数の有効なものを効果的に使って自分を表現していくというGDMの学び方は、ちょうど、旅慣れた人が限られた持ち物を上手に使いながら身軽に旅を楽しんでいるようです。何でも抱え込んでいては荷物が多くなるばかりです。GDMのクラスで「身軽」になって英語の旅を楽しみませんか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 靴

    Excerpt: GDMのレッスンは旅慣れた旅行者! 日本語なしで英語を教えよう!/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 靴 racked: 2013-07-03 12:59
  • エアマックス 2013

    Excerpt: GDMのレッスンは旅慣れた旅行者! 日本語なしで英語を教えよう!/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 12:00